財務省 福田事務次官の辞職とマスコミ


先日、セクハラ問題で財務省の福田事務次官が辞めましたね。
そもそもこの問題、女性記者と福田事務次官が1対1で勤務時間外に会っていたことが問題なのでは?
と思う今日この頃です。

森友学園のことを洩らさなかったから辞める必要はなかったのでは?

さて、今回の財務省 福田事務次官のセクハラ問題
ニュースなどで音声を聞くと
女性の方もセクシーな衣装を着ていたこともあったので
ハニートラップに財務省 福田事務次官はひかっかたのではないかと思います。
そして会話の内容を考えると
あきらかに女性記者は森友問題に関して内容を聞きたかったみたいなので
財務省 福田事務次官は言いたくないと思うので
セクハラ発言をしたかもしれませんね。

なので、
森友学園のことを洩らさなかったから辞める必要はなかったと個人的には思ってしまします。

テレビ朝日の責任は?

ところでこの女性記者テレビ朝日の方らしく
テレビ朝日も記者会見を財務省 福田事務次官が辞職した際に開きましたね。
ふとこの内容を考えると
本当に女性記者がセクハラを受けた精神的なダメージを受けたなら
テレビ朝日に責任があるのではないかと思ってしまいます。
なぜなら、男性と女性が1対1だとそういったことがありえるからです。

思い出してみてください。
アメリカでも「metoo」運動が起きたように1対1で異性と会う場合には
そういったことがあることはだれでも知ってはいると思います。

そして女性記者もスクープを取りたいから色仕掛けでもなんでもして
取材をしていたのではないかと思ってしまいます。

しかし、それが上司の会社の方針、命令だとしたら
テレビ朝日に非があると思います。
なぜなら女性記者から相談されたにもかかわらず
その女性記者を担当から外すこともなく
複数人で対応するといったことをしていないからです。

よってテレビ朝日に責任があると思ってしまいます。



こういったら辞めずに済んだかも

ところで実際こういった局面は、
もしかしたらこのように言ったらことが大きくならなかったかもといったことを考えてみたいと思います。

まずは財務省 福田事務次官はセクハラ発言を認め、そして
「今回のセクハラ発言に関しては申し訳なく思っています。
しかし、言い訳にしかならないですが…
この女性記者とは何度も1対1で会う機会があり、その度に財務省のことを聞かれるのですが
もちろん秘密事項なためこの女性記者に漏らすことはできません。
そのため、そういった内容を聞かれた時には、音声データのようにセクハラ発言をし
話を紛らわしておりました。
それでもこの女性記者は私と何度も会ってくれて
私自身に多少なりとも好意といいますか…飲み仲間として
そしてこういったセクハラ発言も容認してくれているかと思ってしまいました。
この度はこのような騒動をおかしてしまい申し訳ございません。」
ぐらいでどうにかならなかったかなぁと思ってしまいます(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください